ヘルシーな食べ物

糖尿病の病院食はダイエットのレシピ?

糖尿病は、薬だけで治療できる病気ではなく、発症した後も生活習慣や食事によって自分を管理していく必要のある病気です。糖尿病を治療するためには、血糖値を正常に保って合併症を防ぐことで健康な人と同じような生活を送ることができます。治療には、食事療法や運動療法が基本となるためダイエットにも応用することができるのです。ダイエットにも効果的な糖尿病の病院食は、一日三食規則正しく栄養バランスの良い食事を長く続けていくことが大切なのです。おすすめのレシピとしては、ひき肉とおから、豆腐に卵や片栗粉、コンソメスープとマヨネーズ、塩こしょうをよく混ぜて揚げたおからナゲットやひき肉と豆腐に塩こしょうをして、繋ぎに大豆粉使用して焼いたハンバーグ、野菜と薄切りの豚肉をニンニクと一緒に炒めて、水煮の大豆を加えてトマトケチャップや酒、みりんに醤油、塩こしょうを混ぜて炒めた簡単なポークビーンズなどさまざまな食事を楽しむことができます。また、アーモンドミルクを使用した低糖質なプリンやヨーグルトやおからなどを使ったクッキーやケーキ、カロリーや糖質が低いゼリーや寒天などを使ったお菓子なども楽しむことができます。このような糖質を制限した食生活に加えて、運動を食えることによって運動時のエネルギー源として血糖を使用するため、血糖が下がって脂肪をつきにくくしてインスリンの量を節約することに繋がり、すい臓の負担を軽減することができるようになります。また、運動でエネルギーを消費することによって元々ある脂肪も使うことに繋がるため、運動を継続して行うことによって体重を減らすダイエット効果を期待することができるようになり、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らして、動脈硬化を予防する善玉コレステロールが増えていきます。

食事制限ダイエットでの弊害

食事制限を行うことにより、ダイエットを行うことの弊害は、筋肉が少なくなることと、栄養不足による体調不良です。体重を減少させるためには、適度なカロリー制限が必要になります。しかし、終始カロリーだけを制限し、運動を行わないようにすると、体にとって様々なデメリットが生じてしまいます。ダイエットを行うためには、摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなければなりません。そのために食事制限や運動を行う必要があるのです。食事制限はこの摂取カロリーを大幅に制限することで、体重を減らすことが目的です。摂取カロリーが少なくなると、体の中に蓄積されている栄養を利用し、エネルギーとして利用し始めます。これにより、どんどんエネルギーを作り出し、体脂肪を減らすことができるのです。しかし過度な食事制限を行うことになると、体は脂肪と同時に筋肉も分解してエネルギーとして利用し始めます。筋肉は通常の生活を送っていたとしても消費されます。しかし食事を行うことにより、消費された筋肉を回復し、より強い筋肉にすることができるのです。食事制限の場合には、消費された筋肉を回復させるために、充分なカロリーを摂取していないための、どんどん筋肉が減ってしまうことになるのです。筋肉が減ると基礎代謝が低下し、消費カロリーが少なくなっていきます。これがリバウンドの原因となるのです。食事制限によるダイエットでは、脂肪と同時に筋肉の減る割合が大きいために、見かけの体重が減ったとしても、体脂肪率はそれほど下がっていない、という状態が引き起こされます。これによりダイエットで目的の体重に達し、食事の量を元に戻してしまうと、ダイエット前よりも代謝が落ちているために、リバウンドが引き起こされてしまうのです。

一番ダイエットで落としにくい部位は?

仕事に恋に生活に安定した生活を送っていると、つい食が進みがちになり、気が付いたら体重が増えていたなんていう方は非常にたくさんいらっしゃいます。いざダイエットを心掛けてはいるものの、何から始めればよいのか分からない、また高価なダイエット器具を購入するお金もないしと悩んでいるばかりです。特に体の中で一番落としにくい部位と言われているお腹まわりは非常に脂肪を落としにくい部位です。基本的に脂肪分はお腹に回り、そのあと、足や腕、顔まわりにいきますので、ダイエットで最も落としにくい部位として有名です。有酸素運動や腹筋、腕立て伏せなど、様々なダイエット方法がありますが、正しいダイエットとは規則正しい生活と運動になりますので、お腹まわりの部位を減らせるにはかなりの努力が必要といえるでしょう。肥満の度合いによりますが、中途半端にマラソンやウォーキングをしてしまうと足を痛めてしまう可能性もあるため、肥満の度合いが大きい方はプールでの運動などから始めると良いかもしれません。プール内で動くと水の抵抗により消費カロリーが倍増されることもあるので、特にお腹まわりのダイエットを始めたい方にはおすすめのダイエット法といえます。仕事が忙しくてプールに行けないといった方や、月々の会費を支払うお金がないといった方は、入浴時に適度にお腹を揉むだけでも多少の効果は発揮しますので、入浴時にお腹まわりを揉んだり、足を上げたりといった動作をすると良いです。標準体重よりも少しだけ体重が上という方は、階段を上り下りする運動がより効果的になため、おすすめです。階段を上り下りする運動は手軽で家の中でも行えるため、簡単で道具のいらないダイエット法として有名です。